レシピ

【きょうの料理】チキンカレー・スパイス3つで本格カレーの作り方(水野仁輔・伊東盛)




NHK「きょうの料理」ではスパイスカレーの火付け役ともいえる水野仁輔さん&伊東盛さんが、スパイス3つでできる本格カレーの作り方を教えてくれました。

この記事では「本格チキンカレー」の作り方をまとめています。

暑い夏、汗をかきながら食べるカレーは美味しいですよね。

毎日の食卓でも人気のカレーですが、スパイスを使っていつもよりワンランクアップのカレーを作ってみませんか?

ぜひご参考にしてくださいね。

【きょうの料理】チキンカレー・スパイス3つで本格カレーの作り方

材料(3〜4人分)

  • 鶏もも肉(から揚げ用)400g
  • たまねぎ1コ(200g)

【A】

  • 小さじ1
  • カップ3/4

【B】

  • しょうが(すりおろす)1かけ分
  • サラダ油大さじ2
  • プレーンヨーグルト(無糖)大さじ4

【C】

  • コリアンダーパウダー小さじ4
  • クミンパウダー小さじ2
  • ターメリックパウダー小さじ1
  • ご飯(温かいもの)600~800g
  • サラダ油

 

作り方

①たまねぎは1cm幅のくし形に切る。フライパンに入れて【A】を順に加え、ふたをして中火で、水分が少なくなるまで10分間ほど蒸し煮にする。

②2別のフライパンにサラダ油少々を中火で熱し、鶏肉の両面をこんがりと炒め、火を止める。

1のふたを取り、水分がなくなるまで炒める。【B】を順に加え、たまねぎ全体に焼き色がつくまで炒める。ヨーグルトを加え、絶えず混ぜながら炒める。水分が少なくなったら火を止め、【C】を加える。しっかり混ぜ合わせてなじませ、ルーをつくる。

ポイント

しんなりと蒸し煮にしてから油で炒めると、長く炒めたような仕上がりに。たまねぎ全体にこんがりと焼き色をつけてから、ヨーグルトを加える。ヨーグルトがたまねぎになじんだら、3種類のスパイスを一緒に加える。スパイスは余熱で粉っぽさがなくなるまで火を入れると、香りがたつ。

32の鶏肉と焼き汁、水カップ1+1/2を加え、中火にかける。煮立ったら弱火にし、5分間ほど煮る。ご飯とともに器に盛る。

スパイスの美味しい割合

◆覚えておくと便利!◆
【3つのスパイスのおいしい割合】
コリアンダーパウダー4:クミンパウダー2:ターメリックパウダー1

爽やかな香りの名脇役【コリアンダーパウダー】
パクチーの種子を粉末にしたものだが、葉や根とは異なり、かんきつ類のような爽やかな香りがある。クミンパウダーとともに、カレーの香りのベースになる。魚介や卵のくせを抑えるほか、仕上げの風味づけにも活躍する名脇役。

ほろ苦い香りはカレーに不可欠【クミンパウダー】
ほろ苦く強い香りがあり、わずかな甘みと苦みを感じられる。エスニックな香りのベースになるスパイスで、本格カレーには欠かせない。独特の芳香はほかの食材や調味料の香りと調和して、豊かな風味を引き出してくれる。

色づけはお任せ【ターメリックパウダー】
鮮やかな黄色と、しょうがに似た風味が特徴。ミックススパイスであるカレー粉の主材料の1つで、料理を黄金色に色づける。魚介の下ごしらえにも相性がいいが、独特の土くささがあるので、使いすぎには注意。

出典:NHK

【きょうの料理】チキンカレー・スパイス3つで本格カレーの作り方まとめ

【きょうの料理】で放送された「チキンカレー」についてご紹介しました。

ご家庭でスパイスが薫る本格カレーが作れるんですね。

玉ねぎも塩水で蒸すことで時短になり、甘味も引き出すとは・・・知らないことばかりでした。

ぜひ作ってみてくださいね。

 




-レシピ

Copyright© でこ倶楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.